あきた旬紀行 こまち倶楽部

こまち倶楽部は、あきた旬紀行の取り組みに賛同していただける生産・製造事業者&農業生産者のグループ、商社、百貨店、スーパー・小売店のグループ及びお客さまとのネットワークビジネスを展開いたします。

あきた旬紀行こまち倶楽部就農メンバー紹介

小須田 顕

千葉県出身で、就農前はシステムエンジニアの仕事をしていた。システムエンジニアの技術を生かして、都会と秋田をつなげ、農業や秋田のおもしろさを発信していきたい。アスパラガス栽培とダリアに挑戦しています。

小野寺 勇

果樹農協、農林水産省、自営業を経て就農。家業のりんご栽培に加え、さくらんぼ、ブルーベリーを作っております。皆様が ゛おいしい゛と笑顔になってくれる果物作りを目指して日々努力を続けております!

伊藤 正樹

専門学校卒業後、地元役場の臨時職員から大手機械メーカー勤務となる。東日本大震災をきっかけに就農を決意し、農薬を使用しない原木しいたけ作りを始める。 イベントなどでPRしながら販路を開拓していきたい。

松本 光平

あきたこまち、ゆめおばこ、こしひかりの三品種とトマトの生産をメインに取り組む新規就農者です。トマトの苦手だった私が好きになるきっかけをくれた品種ですので、ぜひ皆様にも食べていただきたいです!

明野 悠樹

2年間の農業研修を経て昨年就農。あきたこまち、もち米に加え、ハウス施設で主に夏はトマト、冬はホウレンソウやフクタチなどを栽培。美味しいお米や野菜を届けると共に、お客様の声に応えることのできる生産者が目標です!

冨岡 孝志

大学卒業後、実家の農業を継ぐために就農を決意し、現在研修中。就農後は枝豆やそらまめ、ブロッコリーを生産していく予定です。「冨岡さんの作った野菜が食べたい!」と言っていただけるような生産者になることが目標です。