現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

合同会社あきた旬紀行について

合同会社あきた旬紀行のご案内

地域の特産品をブラッシュアップ・販売拠点&販路開拓をトータルサポート


あきた旬紀行

「秋田県産品のブラッシュアップ、新たな販売拠点及び販路開拓ツールによる観光活性化事業」とは 観光と物産は車の両輪」を機軸に考案したビジネスモデル 1 秋田県産品のブラッシュアップ (1)ブラッシュアップする秋田県産品の選定   きらりと光る秋田県産品(以下県産品という)の中からブラッシュアップ(県産品の包装・外形を磨き上げ)効果が期待できる特産品を選定。首都圈消費者ニーズにマッチするブラッシュアップ&ブランディング化をおこないます。事業化初期は選択と集中することにより効果を高めるとともに、随時商品ラインナップを充実していきます。 (2)ビジネスモデルの構築   「あきた旬紀行」のタイトルで県産品の由来や特徴、県産品の生産地域の観光情報、その地域の宿泊施設や観光モデルルートを紹介するとともに旅行商品掲載することにより特産品販売による観光産業活性化を図る事業です。特産品を統一パッケージ化し、特産品情報、地域情報、観光情報及び旅行商品を掲載した観光情報誌とセット販売する新しいビジネスモデルです。 (3) NPO法人障がい者自立生活センターとの連携及び農商工の連携 NPO法人障がい者自立生活センター「ほっと大仙」障がい者福祉サービス事業所「ほっぺ」へ商品パッケージ作業などを委託するなど地域との連携を大切にします。また、あきた旬紀行こまち倶楽部就農者を中心に農商工が連携した事業を展開します。 2.販売拠点 (1)販売拠点 首都圏の駅ビル、駅ナカ及び駅近に店舗スペースを確保します。「あきた旬紀行」とともにブラッシュアップ未実施県産品も取扱い、マルシェ&レストラン方式で県産品の販売とPRをおこない、ニーズの把握、観光PR&イベント及びバイヤー商談機能を有します。 (2)具体的な販売拠点 青果・果実の専門店及びスーパーマーケットを展開する株式会社九州屋の小田急新宿店、東急二子玉川店及び学芸大学駅学大市場にあきた旬紀行コーナーを設けて販売します。 3.販路開拓のツール 食に関する情報のポータルサイト「ぐるなび」は、飲食店総合サイトのほか、ぐるなび食市場及びぐるたびを有しており、「あきた旬紀行」の商品をぐるなび一般ユーザー、飲食店事業者へ情報伝達できるほか、食材編をぐるなび食市場、観光関連情報をぐるたびとの連携及びAmazonの活用により、秋田県産品ブラッシュアップと販路拡大による観光産業活性化を図ります。