いぶりがっこ。

「漬物王国」 秋田県。
「いぶりがっこ・いぶり大根」


秋田県を代表する漬物といえば、「いぶりがっこ・いぶり大根」であり、秋田特有の気候条件が大根を燻製にして乾燥させる方法を生み出したと言えます。
晩秋から冬にかけて雨や雪の日が多く、大根を天日干しにすることが難しかったことから、囲炉裏の天井につるし乾燥させたのが始まりだと言われています。
住まいに囲炉裏を備えることもなくなった現在、戸外に燻製小屋を建て、大根をいぶすように乾燥させています。
燻製になった大根を糠に漬け込めば、スモークたくわん「いぶりがっこ・いぶり大根」のできあがりです。
「がっこ」とは秋田の方言で「漬け物」のこと。
その香りから、雅に香るものを表す言葉「雅香」が「がっこ」の語源という一説もあります。

パリパリ、カリカリと軽やかな歯ごたえと風味豊かな香ばしいスモークの香りが、日本酒たけではなくワインやウィスキーとの相性もばっちりです。
もちろんお茶うけやごはんの友としても最高です。