クロモジ茶。

ハーブティー感覚の
さわやかな香りと色です。


古くからマタギの里で知られる秋田県北部の山々に自生するクロモジ。 過酷なまたぎの世界で、欠かすことのできない薬草茶として伝わってきました。

クロモジは、日本の山地に自生するクスノキ科の落葉低木で、枝葉によい香りがあるため、高級爪楊枝としても知られています。名前の由来は、樹皮にある黒い斑点を文字に見立てたことから、クロモジ(黒文字)と付けられました。 枝に葉がついたまま採取し、蒸留によってできた精油をクロモジ油といいます。 香りがよいため、香水や石鹸として利用されたこともあります。



クロモジの葉に含まれる主成分のテルピオネールには、抗炎症作用や抗アレルギー作用、リモネンには抗菌・殺菌作用があるとして知られています。 お酒の飲みすぎ、暴飲暴食などで胃腸に不快感のある人にもおすすめのお茶です。また、テルピオネールと、リモネンは寄生性皮膚病に効果があるといわれ、昔から濃く煎じた汁で患部を洗うとよいといわれてきました。